新着情報

迷惑メールフィルター「ANSWRE(アンサー)」の提供を開始。(2008.07.17)

→ 迷惑メールフィルター「ANSWRE(アンサー)」

株式会社インフォマニアは2008年7月17日、米国Cloudmark(クラウドマーク)社のスパム検知エンジン「Cloudmark Authority」を搭載したメールセキュリティサービス「ANSWRE(アンサー)」を一般個人、企業向けに提供開始しました。米クラウドマーク社は、独自のフィンガープリント技術と世界6億人以上のスパム監視ネットワークによるスパム検知で急速にシェアを拡大、今や北米大手ISPのトップ12社中11社、国内でもBIGLOBE、OCNなど大手10社中8社がそのエンジンを採用するまでとなっています。

「ANSWRE」はPOP(メール受信)接続を中継する機能を持ち、ユーザーが「ANSWRE」経由で受信接続することにより、スパム、ウィルス、フィッシングメールを駆除します。ユーザーはメールソフトの簡単な設定変更のみで利用できるため、現在利用しているISPやメールアドレスを一切変更することなく利用できます。このため、POP接続のできるメールサーバーがあれば、「誰でもどこからでも」使えるのが特長です。従来利用先ISPや企業のサーバーが対応しなければ利用できなかったキャリアクラスのメールセキュリティを、個人の判断で1アカウントから利用できます。

利用料は1アカウントあたり年間ライセンス料として3,000円、月あたり換算250円で利用できる。1ヶ月間の試用期間中は無料、しかも試用にあたって一切の個人情報の登録は不要です。試用の方法も、メールソフトの設定を少し変えるだけなので、慣れていればわずか3分で設定が可能です。設定方法は同サービスのウェブサイト( http://www.answre.jp/ )に掲載されています。

同社は、1アカウントから「誰でもどこからでも」使えるという利便性と、年額3,000円という価格から、スパム対策のされていないサーバーを利用するあらゆるユーザーや、高価なセキュリティ機器への投資を避けたい中小規模の事業者を中心に大きな需要があると見ています。